初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WRB、コルシ&テロールを連続起用

WRB、コルシ&テロールを連続起用

ポンス・レーシング・WRBのコルシとテロールは、アプリリアのファクトリーマシンで、タイトル獲得を狙う。

ポンス・レーシング・WRBのチームマネージャー、シト・ポンスは、来季の125ccチームに、シモーネ・コルシとニコラス・テロールを起用することを認めた。

今季初参戦したジャック・&ジョーンズ・WRBが母体となるスパニッシュチームは、来季も今季と同じ体制を継続することを決定。ランク2位のコルシ、ランク5位のテロールは、アプリリアのファクトリーマシンRSAを走らせる。

チームアドバイザーからチームマネージャーとして、125ccチームと250ccチームを指揮するポンスは、「強力な2チームを準備します。ニコには、サンティ・ムレーロが引き続き、チーフクルーを務めますが、シモーネのチームには数人の新しいスタッフが加わります」と説明。今季、アンドレア・ドビツィオーソをサポートしたピエトロ・カプララが、イタリア人ライダーのチーフクルーを担当する。

「さらに、2人のライダーは、オフィシャルマシンを走らせ、技術レベルでも重要なステップを踏み、チームは戦闘力がアップします。」

今季は型落ちのファクトリーマシンで上位に進出。第14戦インディアナポリスでは、初優勝を飾った20歳のスペイン人ライダーは、「来季もライバルが多く、接戦となり、厳しいシーズンとなるだろう。でも、僕たちは、今季を上回るために働く。タイトル争いをする」と、来季への抱負を語った。

Tags:
125cc, 2008, Nicolas Terol

Other updates you may be interested in ›