初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、ヘレス合同テストをキャンセル

R.ドプニエ、ヘレス合同テストをキャンセル

ド・プニエは、ミサノで負傷した右手首を回復するため、悪化にともなう手術を回避するために、年内最後の合同テストを見送る。

LCR・ホンダのランディ・ド・プニエは、負傷している右手首のリハビリに専念するため、今月末に予定しているヘレス合同テストをキャンセルする。

27歳のフランス人ライダーは、第13戦サンマリノGPの決勝レースで転倒した際に、右手首を強打。負傷を抱えた状態で、最終戦終了後に行われたバレンシア合同テストまで参加していた。

「ヘレスには行かない。完璧に治すことが重要だ。今は手と手首にプロテクターを使用しているけど、あまり動かすことができない。順調に回復しているし、痛みも緩和してきている」と、ケガの状態を説明した。

「プロテクターは、あと2週間ほど着用する。今はフィティングとエアロビックスのトレーニングだけど、プロテクターを外したら、モトクロス、スカッシュなど、通常のトレーニングを開始するつもりだ。」

同チームから2年目、最高峰クラス4年目の来季に向けては、「目標はレースでの成績を安定して良くすること。今年とは、バイクの上での仕事とボックス内での仕事のやり方を変えるつもりだ。僕はスピードがある。グッドなチームに所属する。グッドなタイヤを使用する。MotoGPクラスでベストなシーズンにする自信がある。それが目標だ」と、抱負を語った。

LCR・ホンダは、2月5日からのセパン合同テストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2008, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›