初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ、ピットボックスの壁は継続

フィアット・ヤマハ、ピットボックスの壁は継続

ヤマハのファクトリーチームは、タイトル奪回に成功したことから、チーム体制と環境を継続することを決め、来季もピットボックスを壁で仕切ることとなった。

フィアット・ヤマハは、今季に引き続き、来季もピットボックスを区分け。チームとして、これまで通りのレース活動を行う。

昨季、バレンティーノ・ロッシがブリヂストンタイヤを、ホルヘ・ロレンソがミシュランタイヤを使用したことから、チームはデータや情報保守を考慮して、ピットボックスなどの設備を区別することを決定。

ロッシ体制のチームマネージャー、ダビデ・ブリビオは、「2008年に異なった2メーカーのタイヤを使用し始めた時から、壁を設置しました。(チームとして)よく機能したことから、この状況を継続します」と、成功を収めた環境を変更しないことを説明した。

「バレンティーノとホルヘが、ある種の競争心があると想像するのは難しいです。この状況が、より集中して仕事に専念できることを確認しました。両ライダーは、彼らの必要に応じて独占的に働くグループが存在することを感じています。」

ロッシは、集中できる環境の中、2日間のヘレス合同テストで、08年型と09年型の比較テストに取り組んだ。

「今回のテストで09年型マシン開発に向けて、最新スペックを評価しています。目的は、セパンに向けて、冬の間に2つほどのことを比較すること。今回が最新の情報を収集するための最後のテストです」と、イタリア人マネージャーは説明を加えた。

Tags:
MotoGP, 2008, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›