初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ、新体制でスタート

G.タルマクシ、新体制でスタート

250ccクラス初挑戦に向け、新体制で始動したタルマクシは、意欲的に走りこみを行った。

3チーム目のアスパル・チームとして、来季から250ccクラスに参戦を予定しているガボール・タルマクシは、バレンシアのリカルド・トルモで2日間のテストに参加した。

最終戦終了の翌日に、アプリリアRSA250を初ライドしてから約1ヶ月後、新たに結成されたチームと共に、来季開催されるハンガリーGPの舞台、バラトンリンクのロゴマークが入ったアプリリア車に乗り込み、2日間で87ラップを周回。来季に向けて本格的なテストに取り組んだ。

初日にポジション合わせ、2日目にエンジンレスポンスの仕事に集中した27歳のハンガリー人ライダーは、「今回のテスト結果に大満足。初テストを比べれば、大きく良くなったと思う。バイクのグッドなフィーリングがあるから、この冬は安心して過ごせそうだ」と、手応えを得たことを強調した。

「まだ準備OKではないけど、仕事の方向性はOK。テストがたくさん残っているけど、どの分野の仕事を取り組んでいくのか分かっているから、心配なし。コースコンディションが良ければ、もっとタイムが伸びていたけど、今はタイムを気にする時期ではない。2日間のテストでたくさんのことを学んだ。」

タルマクシは、来年1月26日からのヘレス合同テストに参加することを予定している。

リザルト
11月24日:1分38秒1(41ラップ)
11月25日:1分38秒1(46ラップ)
10月27日:1分38秒472(57ラップ)

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›