初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.メランドリ、フロントのフィーリング向上に集中

M.メランドリ、フロントのフィーリング向上に集中

カワサキのプライベートテストに参加するメランドリは、フロントのフィーリングを改善することに専念した。

カワサキ・レーシングは27日、オーストラリア・フィリップアイランドでプライベートテスト2日目を行った。

今季、ドゥカティ・デスモセディチGP8でリアのフィーリングに悩まされたマルコ・メランドリは、初日に続き、フロントの感触を良くするために、チームクルーと一緒に仕事に取り組み、雨が降り始まる前には、1分31秒8を記録。午後に4コーナーで転倒を喫したが、負傷はなかった。

初日にアッセンの高速コーナーで負傷した左足首と左膝の激痛を訴えたジョン・ホプキンスは、ブリヂストンタイヤのテストに専念すれば、テストライダーのオリビエ・ジャックは、新型車体のテストに専念した。

新型マシンで好パフォーマンスを見せる35歳のフランス人ライダーは、セッション終了後、「雨で期待した周回数を走ることができなかった。思ったよりもタイムが伸びなかったけど、セットアップ違いをたくさん試した。特に集中したのは、シャーシのジオメトリー」と、説明した。

「今日は風も大きな問題となった。強くて、午前と午後で風向きが変わった。これがセットアップに大きな影響を与えたのか分からないけど、コース上では風を強く感じた。明日に向けて、幾つかのアイディアがあるけど、設定したラップタイムに到達するには、まだまだたくさんの仕事が残っている。」

プライベートテストは、28日まで行われる。

合同テスト2日目のリザルト

O.ジャック:1分31秒8(37ラップ)
M.メランドリ:1分31秒8(64ラップ)
J.ホプキンス:1分32秒5(51ラップ)

合同テスト1日目のリザルト

O.ジャック:1分32秒4(85ラップ)
M.メランドリ:1分32秒5(93ラップ)
J.ホプキンス:1分33秒3(76ラップ)

Tags:
MotoGP, 2008, Marco Melandri, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›