初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、新チーフクルーとの初仕事に手応え

C.エドワーズ、新チーフクルーとの初仕事に手応え

エドワーズは、ベテランメカニックのガイ・クーロンと新コンビを結成。来季に向けて、幸先のいいスタートが切れたことを喜んだ。

テック3・ヤマハのコーリン・エドワーズは、ヘレス合同テストに参加。今回からチーフクルーとなるガイ・クーロンと初めてコンビを組んだ。

同チームに移籍してから2年目を迎える34歳のアメリカ人ライダーは、チームの方針により、今回のテストから今季ジェームス・トーズランドのチーフクルーを勤めたフランス人メカニックとコンビを結成。「2日間一緒に働いたけど、彼は本当にオーサム(すごい)だ!」と、感想を語った。

「ガイは最高だ。もし、過去の実績を見れば、誰もが天才的な才能の持ち主だと知っている。」

エドワーズは、シーズン途中に足回りのセッティングを変更したことが成績不振につながったことを認め、来季はセッティングを大きく振るつもりはないことを強調。

「乱暴に方向性を変えたくない。足回りをいじりたくない。そのことを最終戦でハッキリさせた。バレンティーノが何をしたか分かっている。どのようなセッティングを使ったのか知っているから、中島(フィアット・ヤマハのチームマネージャー)と親密な関係を維持しなければいけないだけだ。その流れで行かなければいけない。」

ヘレス合同テストでは、ロッシが09年型をテスト。エドワーズには、次回のセパン合同テストから投入が予定されている。

「(開発が)上手く行っているようだ。新しいシャーシは、僕のキャラクターに合っていると思う。好印象があった」と、新型マシンに大きな期待を寄せた。

テック3・ヤマハは、来年2月5日から始まるセパン合同テストに参加を予定している。

ヘレス合同テスト
1日目:1分41秒390(49ラップ)
2日目:1分40秒604(39ラップ)

第2戦スペインGP
公式予選:1分38秒954
決勝レース:1分40秒700

サーキットレコードラップ:J.ロレンソ(2008年)‐1分40秒116
サーキットベストラップ:J.ロレンソ(2008年)‐1分38秒189

Tags:
MotoGP, 2008, Colin Edwards, Tech 3 Yamaha

Other updates you may be interested in ›