初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、タイヤワンメークでバトル増加を予想

V.ロッシ、タイヤワンメークでバトル増加を予想

年内最後の合同テストで一番時計を記録した08年王者ロッシは、来季から導入されるタイヤワンメークにより、スペクタクロなバトルが見られることを予想した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、ヘレス合同テスト終了後、来季はスペクタクロなバトルが増えることを強調した。

来季から導入が決定しているタイヤワンメーク規制に伴い、タイヤを供給するブリヂストンは、初日に前後それぞれに2種類2本ずつ合計8本のタイヤを準備。2日目には、初日に使用したタイヤの中から、各ライダーが好む1種類を前後1本ずつ追加した。

2日間の合同テストで一番時計を記録した29歳のイタリア人ライダーは、「新しいルールでのテストは、ポジティブだった。ブリヂストンはサーキット毎に適したタイヤを選択するのに、悩まされるだろうけど、みんなが同じタイヤを使用するから、同じレベルで、より多くのバトルを見ることが可能となるだろう」と、新規制導入に前向きな意見を語った。

ロッシは、初日に08年型と09年型の比較テストを実施。2日目は09年型で走り込み、サーキットレコードラップ(1分40秒116)を0.687秒短縮する1分39秒429を記録。11月末の時点で現行型を上回るパフォーマンスを見せた。

ヘレス合同テスト
1日目:1分40秒135(39ラップ)
2日目:1分39秒429(54ラップ)

第2戦スペインGP
公式予選:1分39秒064
決勝レース:1分40秒192

サーキットレコードラップ:J.ロレンソ(2008年)‐1分40秒116
サーキットベストラップ:J.ロレンソ(2008年)‐1分38秒189

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›