初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パドック・プレス:A.デ・アンジェリスの2008年シーズン

パドック・プレス:A.デ・アンジェリスの2008年シーズン

ウインターブレーク期間中の特別企画『パドック・プレス』。世界を代表するジャーナリストたちが、MotoGPライダーたちの2008年を総括する。

『パドック・プレス』の第二弾は、グイド・メダ(イタリア・メディアセット)がアレックス・デ・アンジェリスのシーズンを振り返る。

「イタリアTV局(RTI/メディアセット)のコメンテイターとして、毎週日曜にサーキットのコメンタリーブースから5~6時間、生中継をしています。自分ではバレンティーノ・ロッシのサポーターだと考えていますが、今日はアレックス・デ・アンジェリスに関して話します。」

「彼について語ることは大変幸せです。なぜなら、私は彼がすごく若いときからの友人だからです。彼があまり優勝しなくても、サポートします。その一方で、彼は常に幸運ではないと思います。もう一方で、あまりにもナイスガイです。大変親切で、もしかしたら、コース上で、特に今はMotoGPに参戦しているので、もう少し激しくなければいけません。」

「彼がキャラクターを変えられるか分かりませんが、何かが必要だと思います。アングリー。コース上ではもっとイニシアティブを取って行くようにならないと。」

「彼のシーズンは、非常にノーマルでした。もしかしたら、彼のようなグッドライダーとグッドバイクであれば、獲得ポイントが低すぎたかもしれません。もし、アンドレア・ドビツィオーソと比較すれば、250ccクラス時代には多くのバトルをしましたが、MotoGPでは同じようなことが起こりませんでした。」

「ムジェロではグレートな4位を獲得しました。これが彼のノーマルなレベルかもしれませんが、もっとアングリーになる必要があります。もしかしたら、モチベーションを見つけるために、彼自身がもっとコンスタントになるために、ライバルを見つけなければいけないかもしれません。」

『パドック・プレス』の第三弾は、コーリン・エドワーズのシーズンを振り返る。

Tags:
MotoGP, 2008, Alex de Angelis, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›