Tickets purchase
Videopass purchase

パドック・プレス:S.ギュントーリの2008年シーズン

ウインターブレーク期間中の特別企画『パドック・プレス』。世界を代表するジャーナリストたちが、MotoGPライダーたちの2008年を総括する。

『パドック・プレス』の第8弾は、ピエール・ヘンリー・ポテラト(スポーツ紙レキップ)がシルバン・ギュントーリのシーズンを振り返る。

「シルバンにとって、浮き沈みのシーズンでした。ベストリザルトは、雨のレースとなったドイツの6位でした。」

「ドゥカティとブリヂストンのパッケージを学習することは、ダンロップタイヤを使用して、テック3でデビューした後のシルバンにとって、大変困難でした。彼にとっては、大きな変更で、メンタルを集中することが難しかったです。特にポテンシャルの高いドゥカティを走らせることは、非常に困難でした。」

「バイクの特性を学習することは、多くのセッションとレースを要し、このバイクで期待できる成功を、最終的には達成できませんでした。シルバンはこの学習に大きな代償を払い、多くの転倒を喫しました。」

「彼は来年英国選手権に参戦します。残念なことです。彼にはMotoGPに参戦する価値があると思うからです。最高峰クラスに、スズキから早く復帰することを願いましす。」

『パドック・パス』の第9弾は、トニ・エリアスのシーズンを振り返る。

Tags:
MotoGP, 2008, Sylvain Guintoli

Other updates you may be interested in ›