初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パドック・プレス:N.ヘイデンの2008年シーズン

パドック・プレス:N.ヘイデンの2008年シーズン

ウインターブレーク期間中の特別企画『パドック・プレス』。世界を代表するジャーナリストたちが、MotoGPライダーたちの2008年を総括する。

『パドック・プレス』の第12弾は、マット・オクスリー(アメリカ人ジャーナリスト)がニッキー・ヘイデンのシーズンを振り返る。

「ニッキーにとって、タフな1年でした。2007年シーズンは実に困難な時期でしたが、今シーズンはそれ以上でした。1年間、マシン開発に取り組み、シーズン中盤には、ニューマチックバルブエンジンを搭載したマシンを乗り換え、そこから再びマシン開発に尽くしました。そして、シーズン終盤に結果が出始めました。」

「彼はグレートなファイターです。決して屈しません。レースで生きています。彼が解放されたのは、インディアナポリスだと思います。」

「ハリケーンに見舞われ、非常に危険な条件の中、誰もがレースが中止になることを待っていましたが、彼だけが、レースを続けることを望み、再びマシンに乗るためにボックスで待機していました。」

「最終的に2位となりましたが、それ以上のリザルトを獲得しようとしていました。彼の姿は印象的で、偉大な戦士であることを証明しました。」

「来シーズン、ドゥカティで何をしてくれるのか大変興味深いです。」

『パドック・パス』の第13弾は、アンソニー・ウエストのシーズンを振り返る。

Tags:
MotoGP, 2008, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›