初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パドック・プレス:D.ペドロサの2008年シーズン

パドック・プレス:D.ペドロサの2008年シーズン

ウインターブレーク期間中の特別企画『パドック・プレス』。世界を代表するジャーナリストたちが、MotoGPライダーたちの2008年を総括する。

『パドック・プレス』の第16弾は、エミリオ・ペレス・デ・ロサス(スペインの一般紙エル・パイス)がダニ・ペドロサのシーズンを振り返る。

「ゼッケンを有名な27から2に変更しましたが、来季ナンバー1に手が届かなかったことは、大変不運でした。幾つかの問題がありましたが、一番の問題は、ザクセンリンクの転倒でした。」

「悲惨でした。チャンピオンシップのポイントとなりました。彼はチャンピオンシップのリーダーとして臨み、ライバルたちにスペクタクロなアドバンテージを持っていました。多くの人たちが、6、7ラップに確かなアドバンテージがありながら、まだプッシュしていたことを批判しましたが、チャンピオンになりたければ、あのレベルまでリスクを犯さなければいけないと思います。もし、転ばず、完走していたなら、我々は今頃、タイトル獲得を祝っていたかもしれません。」

「あの転倒から、ケガ、リハビリ、そして、タイヤシンドロームなど困難なことが始まりました。当時、噂されたブリヂストンのタイヤワンメークになるかもしれないことを引き受け、ラスト4、5戦で経験を得るために、タイヤメーカーを変更することを決意しました。」

「彼のシーズンは、あの転倒で終わったと思います。方向性も変りました。あの後も挑戦を続けましたが、一度も100%のパフォーマンスを発揮することができませんでした。」

「来季、ゼッケンを27に戻すか、3を選択するか分かりませんが、タイトルが獲得できることを期待します。」

『パドック・パス』の第17弾は、ケーシー・ストーナーのシーズンを振り返る。

Tags:
MotoGP, 2008, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›