レインセッションで上位陣にポジション変動なし

Saturday, 21 June 2008

レインコンディションの中でセッションが行われ、公式予選1のタイムでスターティンググリッドが決まった。

第8戦イギリスGPの公式予選2は21日、ドニントンパークで行われ、ラファエレ・デ・ロサがトップタイムをマーク。シモーネ・コルシがポールポジションを奪取した。

気温12度。路面温度14度のレインコンディションの中、暫定4位のイタリア人ライダーは、1分52秒142の一番時計を記録。暫定2位のガボール・タルマクシ、フリー走行2でトップタイムをマークしたマイク・ディ・メッリオ、ジョアン・オリベ、セルジオ・ガデアが続いた。

ドミニケ・エンジャーターは自己最高位となる6番手。アンドレア・イアンノーネ、マイケル・ランセンデール、ブラドリー・スミスが続いた。

暫定22位の中上貴晶は、トップから2.053秒差の10番手。暫定10位の小山知良は、2.657秒差の18番手だった。

公式予選1のタイムで決まったスターティンググリッドは、コルシが第3戦ポルトガルGP以来となるシーズン2度目のトップグリッドを獲得。タルマクシ、ガデア、リーディングが1列目に並んだ。

暫定5位のポル・エスパルガロがフリー走行2で左鎖骨を骨折したことから、セッションをキャンセル。暫定6位以下がポジションを1つずつ上げたことにより、小山は今季最高位の9番グリッド。中上は21番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising