N.ヘイデン:「移籍の時期。違ったことにトライしたい」

Thursday, 11 September 2008

ホームグランプリを前に興奮するヘイデンは、ホンダから他のファクトリーに移籍することを認めた。

レプソル・ホンダのニッキー・ヘイデンは、第14戦インディアナポリスGPのプレスカンファレンスに登場。地元グランプリを前に興奮を隠せなかった。

「現実的ではないね。昨日は家からここまで運転してきた。途中まではいつも通りで、他の場所に行くために空港に行くけど、一度も家から近いところはなかった。僕にとって、MotoGPにとっても、信じられない機会だ」と、ホームグランプリへの思いを語った。

今年末で同チームとの契約が満期となり、来季の就任が話題となる中、「ビックチェンジになるだろう。発表はもう時期」と、他のファクトリーに移籍することを認めた。

「まだ5戦ある。今はレースの時。僕はホンダとの長い歴史がある。一緒にグッドなレースをしてきた。AMAで勝ち、ワールドチャンピオンは最もビックなことだった。しかし、移籍の時期。何か違ったことにトライしたい。」

チームメイトのダニ・ペドロサが、ミシュランからブリヂストンに変更することに関しては、「知った時はショックだった。僕は頼まなかった。レース前に聞いた時には、みんなと同じように信じられなかった」と、前戦を振り返った。

「確かに、ピットボックの真ん中を壁で仕切るけど、率直に今までも少し壁は存在していたから、大きな変更ではない。大きなドラマで、MotoGPは決して飽きることはないね。」

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising