F.バスケス、足首負傷ながらCEVに参戦

Wednesday, 21 May 2008

バスケスは、足首に負傷を抱えながら、スペイン選手権第2戦に参戦する。

ブルセンス・アプリリア・BQRのエフレン・バスケスは、第5戦フランスGPで足首を負傷したが、今週末に開催されるCEVスペイン選手権第2戦バルセロナ・ラウンドに参戦する。

公式予選1の走行中、前を走るマルク・マルケスが転倒したため、接触を回避できずにクラッシュ。その際に右足首を負傷し、決勝レースでは激痛に耐え切れずに、リタイヤを強いられていた。

スペインに帰国後、精密検査を受けた結果、右足距骨の亀裂骨折と右足首の靭帯断裂が判明した。

125ccクラス初シーズンに挑戦しているランク14位のスペイン人ライダーは、第7戦カタルーニャGPへの準備を兼ねて、Wエントリーするスペイン選手権に参戦することを決意。「これから連戦で、回復時間が少ないけど、CEVでの目標達成に向けて、全力を尽くす」と、負傷に耐えることを覚悟した。

特に開幕戦バレンシア・ラウンドでは独走中にエンジントラブルに見舞われたことから、初タイトル獲得に向けて、上位進出を目指す。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising