Tickets purchase
VideoPass purchase

史上最年少優勝者が原付免許を取得

史上最年少優勝者が原付免許を取得

昨年のイギリスGPで史上最年少優勝の記録を更新したリーディングが、原付の免許を取得した。

ブルセンス・アプリリアのスコット・リーディングは、ウインターブレークを利用して、原動機付自転車、原付の免許を取得。日常のトレーニング移動が楽になることを認めた。

昨年6月の第8戦イギリスGPで史上最年少優勝の記録を更新し、今月15日に16歳の誕生日を迎えたばかりの英国人ライダーは、「雪の降る中での試験だったけど、それ以上に、試験に落ちたらどうしょうと、そっちの方が心配だった」と振り返った。

「週に3回ジムに通うけど、家から車で45分。これからは、スクーターで行くつもりだ。」

ルーキーシーズンの昨季は、型落ちのアプリリアを走らせたが、2年目の今季はアプリリアRSAに乗り換えることが決まっている。

「シーズンに向けて、セッティングを決めないといけない。初テストは1月下旬。頑張らないと。」

「1年目は、レースが慣れているよりもすごく長かったから、適応しなければいけなかった。ライバルたちがどうしているのか観察して、タイヤをどうやってキープするのか学んだ。」

「目標はトップ3。表彰台を何度も獲得したい。」

Tags:
125cc, 2008, Scott Redding

Other updates you may be interested in ›