初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カワサキのテストチームが豪州でテスト

カワサキのテストチームが豪州でテスト

カワサキのテストチームは、豪州で2日間のテストを開始。テストライダーのジャックが09年型プロトタイプマシンを走行した。

カワサキのテストチームは16日、オーストラリア・シドニー郊外のイースタンクリークでプライベートテストを開始。テストは17日まで実施される。

今回のテストは2日間。昨年から予定されていたプライベートテストで、テストライダーのオリビエ・ジャックと芹沢太麻樹が、08年型(1台)と09年型(2台)のZX‐RRを走行。

1991年から1996年まで、6年間オーストラリアGPが開催された舞台に戻ってきた元250ccクラス王者のジャックは、08年型を走らせた後に、09年型にスイッチ。「第一印象はすごくポジティブだった。全体的には、軽量で敏捷性が増している。冬季期間中の仕事は決定的に良かったということだ。今後は、バイクのポテンシャルを理想的に向上するために走り込まなければいけない」と、感想を語った。

09年型のプロトタイプは、改良されたニューデザインのシャーシ、新しいスイングアーム、新しいエンジンにより構成され、カワサキ所有のサーキット、オートポリスが気象状況により、使用できないことから、今回のテストが初走行となった。

カワサキは、今月9日にMotoGPへの参戦活動を休止することを発表していた。

Tags:
MotoGP, 2008, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›