初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

O.ジャック、カワサキの09年型プロトタイプに好印象

O.ジャック、カワサキの09年型プロトタイプに好印象

カワサキのテストライダーを担当するジャックは、09年型プロトタイプが大きく進歩したことを説明。豪州で改めてプライベートテストを実施することを認めた。

カワサキのテストライダー、オリビエ・ジャックは、豪州のイースタンクリークで実施したプライベートテストを終え、好印象を得たことを説明した。

カワサキのテストチームは16日、首都シドニー郊外のサーキットで行われた2日間のテストを実施。09年型ZX‐RRを走行した元250ccクラス王者は、「新しいマシンでの初テスト。全てが新しい。シャーシもエンジンも新しく、時間が必要だけど、第一印象はすごくポジティブだった」と、感想を語った。

「新しいシャーシは、フロントカウルの情報をより多く提供してくれる。この点は昨年の問題であり、冬の間に取り組んできた。今はフロントに大きな安定感がある。これは旋回時に役立つ。もちろん、まだまだやらなければいけないことがある。」

「新しいマシンであまり周回を重ねていないが、大きく前進したようだ。今回はテストだったけど、エンジニアたちは問題解決に向けて、冬の間に懸命に働いた。僕たちは改善されたことを確認し、効果的だった。」

プロトタイプのフロントに関しては、進化を確認。リアに関しては、「リアショックとスイングアームを幾つか調整しなければいけない。最後にイースタンクリークで走ったのは、14年、15年前。当時は250ccクラスだったから、比較するのが難しい。」

ジャックは、開発状況を確認するため、近々にもう1度プライベートテストを予定していることを認めた。

「適したセッティングにするために、もう2日間必要。だから、僕たちはフィリップアイランドに行くつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2008, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›