初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

250cc合同テスト:青山博一、約39ヶ月ぶりにホンダをライド

250cc合同テスト:青山博一、約39ヶ月ぶりにホンダをライド

250ccクラスの合同テストがスタート。バウティスタが好発進すれば、青山が久々にホンダをテストした。

250ccクラスの合同テスト初日は26日、ヘレス・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

6チーム8人が参加した2009年の初テストは、昨季ランク2位のバウティスタが最多61ラップを走行。1分44秒351の好ペースを刻めば、青山博一は2005年11月以来約39ヶ月ぶりにホンダをライド。感触を確かめるように56ラップを走行した。

現125ccクラス王者のマイク・ディ・メッリオは、午前中に転倒を喫したが、大事には至らず、テストプログラムを続けた。

新シーズンから、タイ・ホンダ・PTT・SGAからの参戦を目指すエクトル・ファウベルは、3番手のタイムを記録したラタパー・ヴィライローとボックスを共有。

参加を予定していたペペ・ワールド・ポンス・WRBのエクトル・バルベラとアレックス・ポンスは、テストをキャンセル。1月31日からのバレンシア合同テストに参加する。

現王者マルコ・シモンセリもバレンシア合同テストに参加を予定している。

ヘレス合同テスト1日目
1. A.バウティスタ:1分44秒351(61ラップ)
2. T.ルティ:1分44秒675(46ラップ)
3. R.ヴィライロー:1分44秒928(41ラップ)
4. 青山博一:1分44秒978(56ラップ)
5. G.タルマクシ:1分45秒361(44ラップ)
6. M.ディメッリオ:1分46秒358(39ラップ)
7. R.デロサ:1分46秒425(49ラップ)
8. L.ペセック:1分46秒500(34ラップ)

サーキットレコードラップ‐M.シモンセリ:1分43秒546(2008年)
サーキットベストラップ‐D.ペドロサ:1分42秒868(2005年)

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›