初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.カピロッシ:「09年型GSV‐Rに大きな期待感がある」

L.カピロッシ:「09年型GSV‐Rに大きな期待感がある」

チャンピオンシップ20年目を迎えるカピロッシは、新型プロトタイプが昨年型から大きく進歩し、戦闘力が高まっていることを確信した。

リズラ・スズキのロリス・カピロッシは、2009年初テストとなる2月5日からのセパン合同テストを前に、09年型GSV‐Rに大きな期待感を抱いていることを認めた。

「ウインターブレークの間は、まるで野獣のように鍛えたから、フィジカル面はいい状態にある」と、スズキから2年目、チャンピオンシップ20年目のシーズンに向けて準備が整っていることを強調した。

「シャーシ、エンジン、エアロダイナミクスは、昨年型と比較して新しい。大きな期待感がある。日本ではエンジニアたちが全力で働いたから、コースで試すのが待ち遠しい」と、09年型GSV‐Rへの期待を語った。

「特にセッティングに取り組むつもりだ。テストのタイムには興味がない。目標は開幕戦に向けて準備を進め、チャンピオンシップに向けて、ポジティブになることだ。」

「表彰台の一番高いところを、スズキの目標にしなければいけない。僕たちはそれを達成しなければいけない。」

35歳のカピロッシは、2月5日からのセパン合同テストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2008, Loris Capirossi, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›