初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2009年初テスト、5日からセパンで実施

2009年初テスト、5日からセパンで実施

2009年の初テストがマレーシアのセパンで実施。全チームが参加を予定している。

MotoGPの合同テストは、5日から3日間、第17戦マレーシアGPの舞台セパンで開始され、10チーム17人のレギュラーライダーたちが集結。全ファクトリーは、09年型プロトタイプを投入する。

2005年以来の3冠を達成したヤマハは、09年型M1を準備。王者バレンティーノ・ロッシは、タイトル防衛に向け、テストを再開すれば、ホルヘ・ロレンソ、コーリン・エドワーズ、ジェームス・トーズランドは、プロトタイプを初試乗するだけでなく、ブリヂストンタイヤへの順応も課題となる。

タイトル奪回を目指すドゥカティ勢では、チーム発表会の際に左手の手術から順調に回復していることを認めたケーシー・ストーナーが、デスモセディチGP9で本格的なテストを開始。テストライダーから昇格したニッコラ・カネパは、チャンピオンシップに復帰するセテ・ジベルナのチームメイトとして、グループ・フランシスコ・エルナンデェスからテストエントリーされ、プラマック・レーシングは、ミカ・カリオの1人体制でテストを予定している。

参戦50周年を迎えるホンダ勢は、サテライトチームに新型マシンを投入。11月末のヘレスでは、08年型RC212Vを使用した高橋裕紀、トニ・エリアス、アレックス・デ・アンジェリス、ランディ・ド・プニエが、新シーズンに向けて本格的な走り込みを開始する。

11月末にフィリップアイランドでテストを実施したリズラ・スズキは、空洞試験により、エアロダイナミクスを向上させたGSV‐Rを初ライドさせる。

セパン合同テストは、8日まで開催される。

Tags:
MotoGP, 2009

Other updates you may be interested in ›