初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

250cc合同テスト:雨に見舞われ、テスト進まず

250cc合同テスト:雨に見舞われ、テスト進まず

250ccクラスの合同テストがスタートしたが、雨により、テストプログラムに影響が出た。

250ccクラスの合同テスト初日は31日、バレンシアのリカルド・トルモで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

5チーム8人が参加した2009年2回目のテストは、前夜からの雨の影響を受け、午前中は完全のウェット状態。各ライダーたちがピットボックスやトレーナー内で待機する中、中量級に初参戦するガボール・タルマクシが、ウェットでの経験を得るために、コースインした。

今年初テストとなったアレックス・バルドリーニが、WRTで初テストを開始。

青山博一、ラファエレ・デ・ロサ、ラタパー・ヴィライローは、走行を見送った。

参加を予定していたペペ・ワールド・ポンス・WRBのエクトル・バルベラとアレックス・ポンス、ジレラのマルコ・シモンセリは、テストをキャンセルした。

バレンシア合同テスト1日目
1. A.バウティスタ:1分48秒269(21ラップ)
2. H.ファウベル:1分49秒629(16ラップ)
3. G.タルマクシ:1分49秒788(42ラップ)
4. A.バルドリーニ:1分50秒981(24ラップ)

サーキットレコードラップ‐M.カリオ:1分35秒659(2007年)
サーキットベストラップ‐青山博一:1分35秒109(2006年)

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›