初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンカルロ・ホンダ・グレシーノのエリアスがホンダ勢のトップ

サンカルロ・ホンダ・グレシーノのエリアスがホンダ勢のトップ

2009年の初テストで、エリアスがホンダ勢のトップタイムを記録。デ・アンジェリスも新型RC212Vの手応えを強調した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーノは7日、2009年初テストとなった3日間のセパン合同テストを終了。トニ・エリアスは5番手。アレックス・デ・アンジェリスは11番手だった。

厳しい1年間を経て、古巣に復帰したエリアスは、ニューマチックバルブエンジンが搭載された09年型スペックのRC212Vを初テスト。初日から好感触を掴むと、「コンスタントに進歩したから、すごく嬉しい」と、満面の笑みでテストを振り返った。

「全く新しいバイクで仕事を始め、初日からグッドなフィーリングがあったから嬉しい。ベースはグッドだ。日増しに進歩した。」

「もっと走り込み、バイクをもっと把握する必要があるけど、僕たちの方向性はいい。それに、ボックスの雰囲気はいいから、すごく嬉しい。」

最高峰クラス2年目を迎えるデ・アンジェリスは、「ステップアップを果たしたことが嬉しい。すごくいい感じがあり、リズムが良くなった」と、手応えを語った。

「モチベーションが高い。確かに、トップタイダーたちとのギャップを詰めるために、もっと働かなければいけないけど、次のテストが待ち切れない。」

サンカルロ・ホンダ・グレシーニは、3月1日からのカタール夜間テストに参加を予定している。

T.エリアス
1日目: 2分02秒886(52ラップ)
2日目: 2分02秒232(51ラップ)
3日目: 2分01秒560(43ラップ)

A.デアンジェリス
1日目: 2分04秒396(53ラップ)
2日目: 2分03秒518(40ラップ)
3日目: 2分02秒523(32ラップ)

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:2分02秒108(2007年)
サーキットベストラップ‐V.ロッシ:2分00秒605(2006年)

Tags:
MotoGP, 2009, Alex de Angelis, Toni Elias, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›