初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レーシング・チーム・ジャーマニー、125ccクラス参戦を検討

レーシング・チーム・ジャーマニー、125ccクラス参戦を検討

元250ccクラスライダー、ヘイドルフがチームマネージャーを担当するレーシング・チーム・ジャーマニーは、250ccクラス&125ccクラスのW参戦を計画している。

新規参戦チーム、レーシング・チーム・ジャーマニーは、250ccクラスだけでなく、125ccクラスへのダブル参戦を検討している。

元250ccクラスライダーで、チームマネージャーのデューク・ヘイドルフは、1月末に行われたバレンシア合同テストの際に、「バスティンのチームメイトを起用する可能性を検討していますが、1人が250ccクラスで、もう1人は125ccクラスに参戦するライダーになるかもしれません」と、説明した。

同チームは、FIM国際モーターサイクリズム連盟に、スイス人のバスティン・シェゾー、ドイツ人のトニ・ウィルシングの2人をエントリーしていたが、テストではシェゾーだけが参加。昨年、初参戦を前にワイルドカードで起用したウィルシングは、プロジェクトから外れたことを認めた。

また、125ccクラスのライダーには、キーファー・レーシングからエントリーしているオランダ人ライダーで、昨年ドイツ選手権にフル参戦していたジャスパ・イウェマが候補者であることを示した。

Tags:
125cc, 2009, Pepe World Team

Other updates you may be interested in ›