初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キーファー・レーシング、-4度の中でチーム発表会

キーファー・レーシング、-4度の中でチーム発表会

昨季ランク4位のブラドルが、小雪の降る中でチーム発表会を行い、タイトル獲得に挑戦することを宣言した。

キーファー・レーシングは先週末、ドイツのホッケンハイムで、チーム発表会が行われ、昨季ランク4位のステファン・ブラドルを起用することを発表した。

石油ガスボイヤーや太陽発電パネルなど給湯・暖房機器を製造するフィースマン社が、エナジードリンクのグリズリー・ガス社に替わり、メインスポンサーとして、支援を受けることを発表。同チームから2年連続参戦となるブラドルが、同社のロゴマークが入ったツナギで登場した。

19歳のドイツ人ライダーは、気温マイナス4度の小雪が舞う中、昨季に引き続き使用するアプリリアのファクトリーマシンRSAで、数ラップのデモ走行を行い、「すごく冷え込んでいるけど、新しいスポンサーの暖房機器のおかげで、もう寒くないよ」と、世界的なリーディンガカンパニーの支援を歓迎した。

昨季はランク4位。今季の目標は、「レースに勝ちたい。目標はタイトルだ」と、ドイツ人では4人目のチャンピオンを目指すことを宣言した。

既にバレンシアで今年初テストを実施した同チームは、フィースマン・キーファー・レーシングとして、3月中旬に行われるエストリル合同テストへの参加を予定している。

Tags:
125cc, 2009

Other updates you may be interested in ›