初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

コルシ&テロール、2日目は同タイム

コルシ&テロール、2日目は同タイム

昨季ランク2位のコルシとランク5位のテロールは、初タイトル獲得に向けて、幸先のいいスタートを切った。

ジャック&ジョーンズ・ポンス・WRBは17日、バレンシアのリカルド・トルモで、プライベートテストを行った。

テスト2日目、最終日は、好天候に恵まれ、コースコンディションが回復したことから、シモーネ・コルシとニコラス・テロールは、意欲的に走行。2人とも1分41秒3を記録した。

初日に続き転倒を喫したコルシは、「今日のテストはすごく良かった。いっぱい走れたし、バイクの上での感触がすごく良かった。チームとの仕事はすごく簡単で、スムーズだった。3ヶ月ぶりの走行だったけど、スムーズに走れ、ちょっとした転倒もあったけど、ケガはなかった」と、新シーズンに向けて、幸先の良いスタートが切れたことを強調した。

ファクトリーマシンを手に入れたテロールは、「バイクを知るために、ジオメトリーをちょっといじってみた。セッションが進むに連れ、乗り心地が良くなり、信頼感も増して行った。バイクが気に入ったし、チームの仕事も最高だから、いい気分で家に帰れる」と、手ごたえを強調した。

スパニッシュチームは、ヘレス公式テスト前に、2度のテストを計画している。

S.コルシ
1日目:1分42秒9(33ラップ)
2日目:1分41秒3(56ラップ)

N.テロール
1日目:1分42秒2(30ラップ)
2日目:1分41秒3(41ラップ)

サーキットレコードラップ‐H.ファウベル:1分39秒380(2007年)
サーキットベストラップ‐G.タルマクシ:1分39秒029(2007年)

Tags:
125cc, 2009

Other updates you may be interested in ›