初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.スッポ、ストーナーの体調を説明

L.スッポ、ストーナーの体調を説明

ドゥカティの代表者であるスッポは、セパン合同テストで左手の痛みを訴えたストーナーが再手術を受けないことを認めた。

ドゥカティのプロジェクトリーダー、リビオ・スッポは、噂されているケーシー・ストーナーの左手再手術の可能性を否定した。

タイトル奪回を目指すストーナーは、昨年10月末に再骨折した左手を手術。2月上旬のセパン合同テストでは、一番時計を記録したが、痛みを訴え、ロングランを控えていた。

「誰も再手術について話題にしていません。医師は手術が成功したと説明しました。今後、手の動き増すために、リハビリに取り組まなければいけません」と、説明した。

「全てがコントロール下にあるべきで、セパンでは医師が説明するように、バイクを走らせる力があり、信じられないほど速かったです。」

「彼には手のハードトレーニングが必要です。簡単なことではありませんが、彼は困難を克服する性格の持ち主です。カタールで様子を見なければいけませんが、幸い、セパンよりもフィジカルコンディションに厳しいコースではりません。」

ニッキー・ヘイデンのセパン合同テストに関しては、「ケーシーのように、それほど速くありませんでしたが、ケーシーが2006年に加入したことを思い出さなければいけません」と、説明した。

「ニッキーは、第2セクションまでは、ケーシーと同等に速かったです。テスト後に彼とミーティングをしましたが、我々と一緒に仕事をするために素晴らしい態度を信じます。」

ドゥカティ・マールボロは、3月1日からのカタール合同テストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2009, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›