初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デボン、古巣BQRからの復帰が決定

A.デボン、古巣BQRからの復帰が決定

昨季自己最高位のランク4位を獲得したデボンが、アプリリアの支援を受け、古巣のBQRから参戦することが決まった。

BQRは27日、アレックス・デボンと契約したことを発表。250ccクラスに継続参戦することが決定した。

昨季自己最高位のランク4位を獲得した32歳のスペイン人ライダーは、昨季所属していたチーム(ロータス・アプリリア)が解散したことから、継続参戦に向けて、複数のチームと交渉。テストライダーを務めていた関係から、アプリリアと出身地のカステヨン空港の支援を受け、2003年から3年間所属していた古巣に復帰することとなった。

「BQRと合意できて、本当に嬉しい。チャンピオンシップを開始した当時と、今回の再会の状況は、すごく異なる。僕は経験を積み、チームはここ数年の間にタイトルを獲得できる能力があることを証明した。設定した目標達成に向けて、一緒に闘いたい」と、シートを失う危機から開放された喜びを語った。

「全戦で表彰台争いをして、昨季のランク4位以上が目標だけど、チャンピオンシップを制覇することも視野に入れられるだろう。不安定な数ヶ月間、支えてくれたアプリリアに感謝したい。」

チームオーナーのラウール・ロメロは、「アレックの復帰に、大きな期待感があります。エステベ・ラバット同様に、チームに戻って来てくれました」と、歓迎の言葉を述べた。

「250ccクラスを継続できることも大きなモチベーションとなります。長い間待ち憧れたオフィシャルマシンで戦える機会を得ました。今年は250ccクラスに参戦しない計画でしたが、この機会を逃すことはできません。戦闘力のあるアレックスとウイナーバイクのRSAで、全てを期待します。」

デボンは、3月中旬に初テストを予定している。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›