初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアスのトレーニングに同行

T.エリアスのトレーニングに同行

小柄な体格を克服し、MotoGPマシンをライドするエリアスのトレーニングを紹介。ヘルメットに搭載したオンボードカメラが、スペクタクロなモトクロス走行を捉えた。

motogp.comは、サンカルロ・ホンダ・グレシーニに所属するトニ・エリアスのトレーニングに1日同行。MotoGPライダーの日常トレーニングを紹介する。

バルセロナ近郊の町マンレサ出身のスペイン人ライダーは24日、午前中にサイクリング、午後にはモトクロスを使用して、フル参戦9年目に向けて、準備を進めた。

「毎日、違ったトレーニングに取り組むようにしている。ジム、サイクリング、ランニング、モトクロスを組み合わせたりして、バリエーションを持たしている。今年のチャンピオンシップは、家に戻って、トレーニングをする時間がない。シーズンが始まってしまえば、グランプリとグランプリの間は、コンディション調整となり、今の時期は反対に、集中してハードにトレーニングを積むようにしている」と、トレーニングプランを説明した。

「冬の時期は、全ライダーがマシン(機械)となり、負傷から回復することに専念する。初テストには間に合わない。僕もまだ100%ではないけど、開幕戦には、みんなが完璧な状態に持って行くだろう。」

今年は、新しいレギュレーションの導入により、テスト日数が減ったことから、テストプログラムもセッション数に適応する必要があることを説明。

「テスト日数が少なくなり、僕たちのテストプログラムも変更し、グランプリの週末のようになった。可能な限りの仕事をこなすために、十分にプログラムを計画しなければいけない。この3日間で、開幕戦の準備をしなければいけない。」

「今までのように、セッションができれば良いけど、みんなにとって平等だし、コスト削減にもつながるから、いいことだ。」

今年は、ホンダのファクトリーマシン3台目が投入され、セパン合同テストでシェイクダウンを行った。

「僕にとっては、ビックなチャンスだと考える。僕は僕自身に幾つかのことを要求し、それらを達成したい。」

2年ぶりに復帰したホンダ・グレシーニでは、初参戦した2000年の当時のチームメイト、アレックス・デ・アンジェリスに再会。

「ちょうど9年間に、マッテオーニでチームメイトだった。グレシーニで再びチームメイトとなったことは楽しい。僕たちは上手くやっていける。一緒にビックなリザルトを獲得したい。」

トニ・エリアスは、3月1日からのカタール合同テストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2009, Toni Elias, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›