初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、152日ぶりに走行

H.バルベラ、152日ぶりに走行

昨年の日本GPで負傷したバルベラが5ヶ月ぶりに走行。満面の笑みを見せた。

ペペ・ワールド・ポンス・WRBのエクトル・バルベラは26日、カタルーニャ・サーキットで今年初のテストを行い、5ヶ月ぶりに走行した。

22日のスペイン人ライダーは、昨年9月の第15戦日本GPフリー走行2で転倒を喫した際、胸を強打。第3、第4、第5胸骨を骨折し、宇都宮市内の病院に入院。8日後に、スペインに帰国したが、その後のグランプリをキャンセルしていた。

チーム・トスから移籍し、新チームでの初テストとなった今回のプライベートテストでは、昨年に引き続き、ファクトリーマシンのアプリリアRSAをテスト。

「長かった。この5ヶ月間は果てしなかった。すごく走りたかった」と、満面の笑みで感想を語った。

「直ぐに気分良く乗れた。最初の数ラップは感動的だった。どう乗っていたのか忘れていたから、モチベーションになった。タイムに満足。コースは滑りやすく、少し苦労したけど、徐々に良くなって行った。最後には、僕のベストタイムから1秒半落ちまで伸びた。タイムはどうでもいい。重要なのはフィーリングで、5ヶ月ぶりとは思えないほど良かった。」

チームメイトのアレックス・ポンスは、250ccマシンを初テストした。

プライベートテストは、27日まで行われる。

カタルーニャ合同テスト1日目
1. H.バルベラ:1分48秒6(57ラップ)
2. A.ポンス:1分55秒6(42ラップ)

サーキットレコードラップ‐A.デアンジェリス:1分45秒925(2007年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分45秒098(2007年)

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›