初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.マッキアゴデーナ医師、ペドロサの負傷を説明

C.マッキアゴデーナ医師、ペドロサの負傷を説明

クリニカ・モービルのドクターは、ペドロサに負傷について説明。左脚に骨折がないことを認め、左手には再検査が必要であることを認めた。

クリニカ・モービルのクラウディオ・マッキアデーナ医師は、カタール合同テスト2日目に転倒を喫したダニ・ペドロサの負傷について説明した。

「ペドロサは、転倒により、左手と左脚の外傷を受けました。左脚は、過去の負傷よりも重症のように思われました。医師の診断が必要なだけで、骨折はありません」と、左膝に骨折がないことを強調した。

「左手に関しては、腫れています。骨折の疑いがありますが、検査の結果、その危険はほぼ排除されました。しかし、手の筋肉は非常に特殊であることを考慮しなければいけません。骨、もしくは靭帯の負傷がないのか確かめるために、24時間後の再検査を待たなければいけません。」

「左脚の外傷があります。骨折はありません。左手にも外傷があります。全体的に、ライダーはOKです。」

ペドロサは、3日にスペインへ帰国。バルセロナ市内の病院を訪れ、チャビエル・ミル医師の診断を受ける。

Tags:
MotoGP, 2009, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›