初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カタール合同テスト:C.ストーナーがトップタイム

カタール合同テスト:C.ストーナーがトップタイム

カタールGP2連覇のストーナーと08年王者のロッシが、セッションをリードすれば、ペドロサが転倒を喫した際に古傷を痛め、帰国することとなった。

MotoGPの合同テスト2日目は2日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度15度のドライコンディション。開幕戦の舞台に風が吹き抜け、コースは砂埃で汚れた状態の中で、2日目のセッションがスタート。

初日はリスクを回避して、走行をキャンセルした昨年の開幕戦勝者ストーナーは、17ラップ目に1分58秒台を突破すると、23ラップ目には、一番時計を記録。左手の状態も回復していることを確認した。

「僕たちはいい仕事をした。GP9の開発が進んでいる。非常に困難なコースコンディションだったが、グッドな1日だったと言うことができる。手に関しても同じことが言える。まだ100%ではないけど、思っていたよりもいい。全体的には満足している」と、セッション後に振り返った。

昨季同会場で開催されたレースがシーズンで最も困難だったと認めたバレンティーノ・ロッシは、セッション開始から速いペースで走れたことに満足感を示した。

クリス・バーミューレンは、20時20分過ぎに6コーナーで転倒。大事には至らず、テストを継続すれば、ダニ・ペドロサは、22時過ぎに10コーナーで転倒。左膝と左手首を強打し、精密検査を受けるために、明日最終日のセッションをキャンセルすることとなった。ミカ・カリオも、22時20分ごろに転倒を喫した。

テスト2日目のハイライトビデオと主役たちのインタビュービデオは、日本時間の20時前に、当サイトのビデオページにアップされる。

テスト2日目
1. C.ストーナー:1分57秒137(37ラップ)
2. V.ロッシ:1分57秒747(51ラップ)
3. C.エドワーズ:1分57秒817(41ラップ)
4. A.ドビツィオーソ:1分57秒879(60ラップ)
5. C.バーミューレン:1分58秒018(24ラップ)
6. L.カピロッシ:1分58秒264(42ラップ)
7. J.ロレンソ:1分58秒400(63ラップ)
8. A.デアンジェリス:1分58秒441(53ラップ)
9. N.ヘイデン:1分58秒577(54ラップ)
10. D.ペドロサ:1分58秒619(28ラップ)
11. R.ドプニエ:1分58秒936(55ラップ)
12. T.エリアス:1分59秒036(56ラップ)
13. 高橋裕紀:1分59秒153(65ラップ)
14. M.メランドリ:1分59秒195(63ラップ)
15. N.カネパ:1分59秒266(36ラップ)
16. M.カリオ:1分59秒764(48ラップ)
17. J.トーズランド:2分00秒234(51ラップ)

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分53秒927(2007年)

Tags:
MotoGP, 2009

Other updates you may be interested in ›