初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.スッポ、新型スウイングアームの戦闘力に手応え

L.スッポ、新型スウイングアームの戦闘力に手応え

ドゥカティは、カタール合同テストに新型スウイングアームを投入。好パフォーマンスを発揮し、第一印象が良かったことを認めた。

ドゥカティのプロジェクトリーダーを務めるリビオ・スッポは、カタール合同テスト2日目を終え、ケーシー・ストーナーとニッキー・ヘイデンのパフォーマンスに満足感を見せ、新型スウイングアームの戦闘力に手応えを得たことを認めた。

ドゥカティは、今年2度目のテストに向け、新型スウイングアームを準備。初日にヘイデンが、2日目にはストーナーがテストした。

イタリア人マネージャーは、「今回初めて試しました。もちろん、まだ完璧ではありません。適応するためにセッティングの仕事をしなければいけませんが、第一印象はグッドで、ポジティブです」と、2日目のセッション終了後に説明した。

初日はリスクを回避して走行を見送ったストーナーの左手の状態に関しては、「回復していて、喜んでいます。思っていたよりも、状態は良いようです。コースは、フィジカル的に要求が厳しいセパンと比較しても、負担が少なくて良いです」と、安堵感を見せた。

「とにかく、彼はバイクに喜び、コースコンディションが完璧ではありませんが、周回を重ね、最後のコースインでは、新しいスウイングアームを試しました。我々が要求していることを助けてくれ、スウイングアームに満足しています。」

スッポは、ヘイデンの仕事に対する姿勢にも満足感を示した。

「我々はニッキーに大変喜んでいます。コースコンディションが悪化し、気温が低下したセッション終了10分前にベストタイムをマークしました。彼はバイクに乗り込む度に良くなっています。ケーシーにとって、完璧なチームメイトだと思います。」

Tags:
MotoGP, 2009, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›