初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ:両雄がトップ5入り

ドゥカティ・マールボロ:両雄がトップ5入り

2年連続カタールGP勝者のストーナーがトップタイムをマークすれば、ヘイデンがトップ5に進出。両雄が揃って、好パフォーマンスを披露した。

ドゥカティ・マールボロの両雄、ケーシー・ストーナーとニッキー・ヘイデンは、開幕戦のシミュレーションとなったカタール合同テストの最終日で、一番手と五番手に進出した。

C.ストーナー

「マークしたタイムとリズムには嬉しいけど、他のテストをするために、もっと周回を重ねたかった。22時以降は、コースコンディションが悪くなることは分かっていたし、実際にそうなった。」

「2コーナーの転倒は、昨年の転倒とすごく似ていた。ほとんど直線に行ってしまった。直ぐに、もう1台のバイクで戻ったけど、路面はとても危険な状態で、コンディションがさらに悪くなるから、少し早めに(セッションを)ストップすることを選んだ。」

「とにかく、電子制御の沢山の解決法を試し、幾つかポジティブなものがあった。昨日試したスイングアームは好感触がったことを確認した。新しいパーツをもっと良く理解するために、もう少し時間が必要で、ヘレスでテストを続ける。」

「手首の状態はすごく良かった。セパンの時よりもダメージが少なかった。ハードブレーキのコースで左手首の状態を確認する必要がある。」

N.ヘイデン

「僕たちはグッドな進歩を果たし、ポジティブな1日となったから、率直に嬉しい。シーズン開幕まであと2日間しかないから、今朝はステップアップする時だと考えた。大きな満足感がある。」

「まだやるべきことが沢山あるのは確かだけど、僕のクルーはいい仕事をした。今、分析する沢山の情報がある。新しいスイングアームは直ぐに好感触を得たけど、まだ仕事をしなければいけないし、決定的な結論を出す前に、比較テストをしなければいけない。」

「もっと走りたかったけど、22時以降のコースコンディションは、転倒やコースアウトなど限界があったから、リスクを犯さないことを選んだ。」

C.ストーナー

1日目:
2日目:1分57秒139(37ラップ)
3日目:1分55秒744(31ラップ)
2007年決勝レースのベストラップ:1分55秒153

N.ヘイデン

1日目:2分00秒717(31ラップ)
2日目:1分58秒577(54ラップ)
3日目:1分57秒225(53ラップ)
2007年決勝レースのベストラップ:1分56秒954

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分53秒927(2007年)

Tags:
MotoGP, 2009, Nicky Hayden, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›