初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ:ロレンソが2番手に進出

フィアット・ヤマハ:ロレンソが2番手に進出

ブリヂストンタイヤへの順応に専念したロレンソは、ロングランの最終ラップでベストタイムを記録した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソはブリヂストンタイヤのフィーリングを掴んだことを喜んだ。

J.ロレンソ

「とてもハッピーだ。今回のセッションは、僕たちにとって、すごく、すごく良かった。ロングランは特に良かったけど、実際には、今夜は大きく進歩したから、僕たちの仕事に大きな喜びを感じる。」

「僕たちは幾つか異なったセッティングにトライし、それが助けとなったけど、根本的には、上手く適応し、好感触を見つけた。これは、速く走ることができるという意味。」

「ブリヂストンタイヤのすごくいいフィーリングがあり、ロングランではすごくコンスタントに走ることができ、グッドなリズムをキープすることができた。」

「今回のステップに向けて、みんなが懸命に働き、グッドな成績で今回のテストを締め括ることでき、嬉しい。レースが楽しみだ。」

D.ロマニョーリ(チームマネージャー)

「我々にとって、ポジティブな1日でした。コーナーをより速く走るために必要な自信を得るためのグッドなセッティングを見つけました。」

「同時に、ブリヂストンタイヤでのライディングスタイルが、日増しに良くなりました。4月の初レースに向けて、大きく役立つ仕事ができたと思います。」

1日目:2分24秒832(1ラップ)
2日目:1分58秒400(63ラップ)
3日目:1分56秒733(82ラップ)
2007年決勝レースのベストラップ:1分55秒528

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分53秒927(2007年)

Tags:
MotoGP, 2009, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›