初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.メランドリ:「正真正銘のポテンシャルを見つけるために、ビックチェンジが必要だ」

M.メランドリ:「正真正銘のポテンシャルを見つけるために、ビックチェンジが必要だ」

今年初テストとなったメランドリは、最多の周回数を記録。開幕まで1ヶ月に迫った時点におけるプロトタイプマシンの評価を説明した。

ハヤテ・レーシング・チームのマルコ・メランドリは、カタール合同テストを終え、3日間のテストを総括した。

カワサキ・レーシング・チームは、同テスト前に、新チームとして、新シーズンに1台体制で参戦することを発表。ハヤテ・レーシング・チームとして、開幕戦の舞台に登場すると、イタリア人ライダーは3日間で最多の171ラップを周回。

最終日のセッション終了間際の最終ラップには、ベストタイムを記録。4番手のクリス・バーミューレンから、1.6秒落ちだった。

「OKの3日間だった。リアのグリップとトラクションに関しては、とても遠い。正真正銘のポテンシャルを見つけるために、本当に改善しなければいけないし、ビックチェンジをしなければいけない」と、メランドリはプロトタイプマシン感想を述べた。

「現状では100%ではないから、我々のライバルたちと比較して、僕たちが実際にどのポジションに位置するのか確認するために、たくさんは働かなければいけない。」

1日目:2分00秒867(35ラップ)
2日目:1分59秒195(63ラップ)
3日目:1分58秒851(73ラップ)
2007年決勝レースのベストラップ:1分56秒972(ドゥカティ)

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分53秒927(2007年)

Tags:
MotoGP, 2009, Marco Melandri, Hayate Racing Team

Other updates you may be interested in ›