初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ:V.ロッシ、リベンジに向けて対策法発見

フィアット・ヤマハ:V.ロッシ、リベンジに向けて対策法発見

08年王者のロッシは、昨年の悪夢を払拭するためのアイデアを掴んだことを認めた。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、昨年のワーストレースと称した舞台で、リベンジに向けて対策が見つかったことを認めた。

V.ロッシ

「セッションの前半は、十分に早かったけど、寒くなり、グリップが低下してから、僕たちは苦しんだ。ロングランをスタートしたけど、遅く、遅かったから、(予定していた周回数を)終了せず、違ったことにトライすることに集中した。」

「僕たちのポジションは、それほど悪くない。ロレンソに近い3番手。ストーナーはとても速いけど、レースに向けて、グッドなアイデアがあるから、あまり心配していないし、開幕まであと1ヶ月ある。」

「ここは僕にとって、もしくは、バイクにとって、グレートなトラックではない。レースの目標は、昨年よりも上のリザルト。次のテストはヘレス。最後のテストで、もっと強くなることを期待する。」

D.ブリビオ(チームマネージャー)

「全体的に今回のテストに満足しています。電子制御の新しいことを見つけ、加速が良くなり、全体的にとても速かったです。」

「今夜は、寒くなり、グリップが低下した時に、苦しみましたが、改善に向けて多くの時間を費やして働き、大量の情報を収集しました。これから検証しますが、今シーズンは、フリー走行が少なくなるので、これは大変重要なことです。」

1日目:(1ラップ)
2日目:1分57秒474(51ラップ)
3日目:1分56秒972(75ラップ)
2007年決勝レースのベストラップ:1分55秒693

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分53秒927(2007年)

Tags:
MotoGP, 2009, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›