初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スコット・レーシング:高橋裕紀、セパンに続き意欲的に走行

スコット・レーシング:高橋裕紀、セパンに続き意欲的に走行

前回のテストで最多の周回数を走った高橋は、MotoGPマシンに適応するため、今回もカタールで意欲的に走り込みを行った。

スコット・レーシングの高橋裕紀は、カタール合同テストに参加。09年型RC212Vへの順応に向け、意欲的に走り込みを行った。

今年2度目、通算4度目のテストとなった今回のテストでは、前回のセパン合同テストでシェイクダウンした09年型RC212Vで、通算144ラップを走行。最終日には、冷え込み始めた22時過ぎに、3コーナーで初転倒を喫したが、幸い怪我はなく、その後もセッションを続け、ラスト2ラップにベストタイムを記録した。

「天候に恵まれなくて、上手く走れなかった時もありましたが、その中で周回数を多く重ねました。MotoGPは難しいですが、バイクに慣れれば、タイムはいつでも出せると思いますので、まずは慣れることから始めています」と、高橋はテストの目的を説明。

「1人で走るとライン取りが他のライダーと違い、後ろについて走るとタイムが上がりました。他のライダーの走りを勉強して、レースまでには、1人でタイムが出せるようにしたいです。」

高橋は、活動の拠点であるイタリアに戻り、今月28日からのヘレス公式テストに参加する。

1日目:2分03秒221(18ラップ)
2日目:1分59秒153(65ラップ)
3日目:1分58秒412(61ラップ)
2007年決勝レースのベストラップ:1分55秒559

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー:1分55秒153(2008年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ:1分53秒927(2007年)

Tags:
MotoGP, 2009, Yuki Takahashi, Scot Racing Team MotoGP

Other updates you may be interested in ›