初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、F1フェラーリ代表と対談

V.ロッシ、F1フェラーリ代表と対談

昨年11月にフェラーリのF1をテストしたバレンティーノ・ロッシは、雑誌の企画で、フェラーリ代表者との対談を楽しんだ。

08年王者のバレンティーノ・ロッシは、F1フェラーリの代表ステファノ・ドメニカリと、フェラーリマガジン誌で対談。モータースポーツに関して意見を交わした。

昨年11月、タイトル奪回のご褒美として、3度目のF1テストを行い、フェリペ・マッサ、キミ・ライコネンが使用したF2008を走らせたロッシは、同誌の招待を受け、F1チーム・スクデリア・フェラーリのマネージングディレクター、ドメニカリとの対談を楽しんだ。

ロッシはMotoGP、F1、ラリーについて、「比較はない」と明白に発言。「ラリーは疲れない。何時間も車の中に留まらなくてはいけないし、朝早く起床しなければいけないけど、それほど疲れたことは一度もなかった」と説明した。

「F1では、首が問題。慣れていないと、首が痛い。バイクを走らせることは、とても疲れる。全身で走らせなければいけないし、平穏な瞬間はない。」

8度のコンストラクターズタイトル、7度のドライバーズタイトルを獲得したドメニカリは、「幼い頃から、いつもロードレースを観戦していました。今も観戦し続けています。モーターサイクルのスピリッツを気に入っています」と語った。

「僕たちの方が楽しいことに疑わない。MotoGPのパドックは、F1とは大きく違う」と、ロッシが語れば、「我々の優先事項の1つに、イベントを経験するために、サーキットに来られた人たちに対して、より注目を与えることです。F1はいつもテレビだけではありません」と、ドメニカリは答えた。

「もしかしたら、だから、シューマッハーはバイクを走り始めたのかも」と、ジョークで切り返せば、「そうなあ?シューマッハーがMotoGPを走らせ、君がF1を走らせたら、どちらが速いと思いますか?」

「もちろん、僕だ!」と、ロッシは満面の笑みで答えた。

Tags:
MotoGP, 2009, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›