初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

左手負傷のルティ:「体調は万全だ」

左手負傷のルティ:「体調は万全だ」

インディアナポリスで負傷して日本GPを欠場したルティは、サッカーナショナルチームを指導したトレーナーの下で、トレーニングを励んでいる。

エミー・カフェラテ・アプリリアのトーマス・ルティは、エストリル合同テストに参加。初日のセッションを終え、左手の負傷から回復するため、ウインターブレーク中は、トレーニングに専念したことを説明した。

昨年9月の第14戦インディアナポリスGPのフリー走行2で転倒した際に、左親指を負傷。皮膚の移植手術を受け、第15戦日本GPを含め、3戦の欠場を強いられていた。

「この冬は、個人トレーナーの下でたくさんトレーニングした。オトマール・ケラーは、サッカーのナショナルチームやアメリカズカップを制したアリンギの乗組員を鍛えたトレーナーで、彼と一緒に、クロスカントリースキー、スノーシューイング、クライミング(岩登り)をやった。凍っているところも登った。だから、体調はばっちりだと言うことができる。」

「エストリルの後は、もう1週間、彼とトレーニングを積み、それから、ヘレスとカタールのテストに臨む。テストの合間は、スポンサー活動で忙しくなる。」

3年目を迎える250ccクラスに向け、「僕たちは戦闘力がある。目標はベストライダーたちとバトルすることだ」と、タイトル争いを誓った。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›