初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エストリル合同テスト:3人のタイトル候補がタイムバトルを展開

エストリル合同テスト:3人のタイトル候補がタイムバトルを展開

合同テスト2日目は、シモンセリ、バルティスタ、バルベラがトップ争いを展開。青山がテストを開始した。

250ccクラスの合同テスト2日目は16日、第15戦ポルトガルGPの舞台エストリルで行われ、エクトル・バルベラがトップタイムをマークした。

初日に続き、好天気に恵まれた中、初日2番手だったバルベラが一番時計を記録すれば、昨年の勝者アルバロ・バウティスタ、王者マルコ・シモンセリが僅少さで続いた。

2番手グループには、2人の新人、ガボール・タルマクシとマイク・ディ・メッリオが続いた。

もう1人の新人アレックス・ポンスは、転倒を喫した際に、前腕を負傷。精密検査を受けるために、メディカルセンターから市内の病院に転院。明日はテストを継続する。

2日目からは、スコット・レーシングとタイ・ホンダが合流。青山博一は、最多の101ラップを走行した。

2日目リザルト
1. H.バルベラ:1分41秒113(77ラップ)
2. A.バウティスタ:1分41秒119(44ラップ)
3. M.シモンセリ:1分41秒139(79ラップ)
4. G.タルマクシ:1分41秒636(62ラップ)
5. M.ディメッリオ:1分41秒703(63ラップ)
6. A.デボン:1分41秒851(42ラップ)
7. R.ヴィライロー:1分41秒980(57ラップ)
8. R.ロカテリ:1分42秒000(64ラップ)
9. L.ペセック:1分42秒027(71ラップ)
10. T.ルティ:1分42秒298(74ラップ)
11. 青山博一:1分42秒310(101ラップ)
12. K.アブラハム:1分42秒362(70ラップ)
13. H.ファウベル:1分42秒491(72ラップ)
14. R.デロサ:1分43秒432(72ラップ)
15. A.ポンス:1分46秒141(19ラップ)
16. V.レオーノフ:1分47秒961(46ラップ)

サーキットレコードラップ‐A.バウティスタ:1分40秒521(2007年)
サーキットベストラップ‐M.シモンセリ:1分40秒257(2008年)

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›