初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エストリル合同テスト:M.シモンセリが再びトップタイム

エストリル合同テスト:M.シモンセリが再びトップタイム

合同テスト3日目は、シモンセリが再びトップタイムをマーク。青山は2日間連続して最多周回数を記録した。

250ccクラスの合同テスト3日目、最終日は17日、第15戦ポルトガルGPの舞台エストリルで行われ、マルコ・シモンセリがトップタイムをマークした。

大西洋からの弱風に見舞われたが、最終日も太陽に恵まれ、13人のライダーたちは、意欲的にテストプログラムを消化。初日を制した08年王者シモンセリが一番時計を刻めば、ホンダ勢が躍進。

ラタパー・ヴィライローは、テストとグランプリを合わせ、初めて2番手に進出し、青山博一、エクトル・ファウベルが続いた。

2日目トップのエクトル・バルベラは、エンジントラブルに見舞われて、5番手に後退。

マプフレ・アスパルのアルバロ・バウティスタとマイク・ディ・メッリオ、バラトン・レーシングのガボール・タルマクシは、2日目にテストを終了した。

250ccクラスは、25日から3日間、第3戦スペインGPの舞台ヘレスで公式テストを行う。

3日目リザルト
1. M.シモンセリ:1分41秒245(75ラップ)
2. R.ヴィライロー:1分41秒518(68ラップ)
3. 青山博一:1分41秒525(88ラップ)
4. H.ファウベル:1分41秒596(53ラップ)
5. H.バルベラ:1分41秒673(37ラップ)
6. R.ロカテリ:1分42秒047(39ラップ)
7. R.デロサ:1分42秒206(67ラップ)
8. T.ルティ:1分42秒271(68ラップ)
9. A.デボン:1分42秒646(40ラップ)
10. K.アブラハム:1分43秒233(55ラップ)
11. L.ペセック:1分43秒281(36ラップ)
12. A.ポンス:1分45秒105(35ラップ)
13. V.レオーノフ:1分46秒633(37ラップ)

サーキットレコードラップ‐A.バウティスタ:1分40秒521(2007年)
サーキットベストラップ‐M.シモンセリ:1分40秒257(2008年)

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›