初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモン:「地に足をつけないと」

J.シモン:「地に足をつけないと」

ライバルたちを圧倒する快走を見せたシモンは、決して浮かれることなく、さtに、気を引き締める必要があることを認めた。

バンカハ・アスパルのフリアン・シモンは17日、2日間のエストリル合同テストを終了。連日の一番時計を記録した。

テストを実施した2日間、ライバルたちを圧倒する快走を見せた21歳のスペイン人ライダーは、「今までいい仕事をして、ここに来た。そして、今回の進歩がとても嬉しい。過去のデータが大きく役立った。率直に好感触があり、それが理由でハイリズムを維持できたけど、地に足をつけないといけない」と、気を引き締めた。

「ライバルたちは少しずつ近づいて来ているし、いつものように、125ccクラスはハリケーンのように強烈なバトルになることは確かだから。」

「タイムは合格点を与えられる以上のものだけど、全てのテストを消化したことが重要。チームのサポートがなければ、このタイムを出すことができなかったと思う。コースインの度に、バイクが機能するために、ベストアドバイスを提供してくれた。」

バンカハ・アスパルは、25日からの公式テストに参加する。

1日目::1分45秒864(70ラップ)
2日目:分45秒046(69ラップ)

サーキットレコードラップ‐G.タルマクシ:1分45秒027(2007年)
サーキットベストラップ‐M.パシーニ:1分44秒675(2007年)

Tags:
125cc, 2009

Other updates you may be interested in ›