初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、復帰を告げるトップタイム

H.バルベラ、復帰を告げるトップタイム

バルベラは、エストリルで一番時計を記録。負傷から完全復帰が近いことをアピールした。

ペペ・ワールド・チームのエクトル・バルベラは17日、3日間のエストリル合同テストを終了。総合でトップタイムをマークした。

昨年9月の第15戦日本GPで負傷して以来、2度目のテストとなった22歳のスペイン人ライダーは、初日に2番手のタイムを記録すると、2日目には一番時計を刻み、3日間のテストを制した。

最終日は午前中にエンジントラブルに見舞われたが、午後には好リズムで周回を重ねた。

「午後に12ラップの連続走行を2度実行した。僅か1ラップのタイムが良かったのではなく、同じリズムで走れたことがベストだ。嬉しい」と、復帰を告げるパフォーマンスに笑みが浮かんだ。

「昨年のレースと比較して、リズムが良くなった。ポジティブな3日間だった。ケガをして、長くバイクに乗っていなかったとは思えないほど。僕はストロングだ。いい感触がある。」

エストリル合同テスト
1日目:1分41秒299(86ラップ)
2日目:1分41秒8113(77ラップ)
3日目:1分41秒673(37ラップ)
2008年レースベストラップ:1分42秒468

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›