初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「僕は仲裁者的なランク4位になるだろう」

J.ロレンソ:「僕は仲裁者的なランク4位になるだろう」

新人王ロレンソは、2年目に1年目の成績を上回ることを目標に掲げるが、トップ3の強さを認めた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、プレシーズン最後となるオフィシャルテストを直前に控え、新シーズンの展望について語った。

「もし、ケガに見舞われず、不運がなければ、もし、バイクがよく走れば、勝利を望むことができる。昨年は1勝を挙げたから、それ以上勝てるだろう。常に向上心のメンタリティを持ち、昨季の成績を上回ることにトライしなければいけない。ランク4位以上で終われば、理想的だ」と、昨季の新人王は3強に割って入ることを誓った。

「ロッシ、ストーナー、ペドロサは、メディアによれば、タイトル候補。彼らがタイトル獲得を望まなければいけないと考える。僕よりも長く参戦し、昨季は僕の前にいたから、仲裁者的なランク4位は僕だろう。」

オフィシャルテスト最終日に実施されるタイムセッションに関しては、状況次第だが、第3戦スペインGPの準備が重要であることを強調。

「展開を見たり、死ぬ気でリスクを犯したりするのは、何も役立たない。まずは、ヘレスのレースに向けて準備をする。もし、状況が理想的で、いい感じだったら、トライするけど、車を獲得するために死ぬ気はない。」

125ccクラス時代からのライバル。アンドレア・ドビツィオーソが、ロレンソのことを「自慢家だ」とイタリアのメディアに発言したことに関しては、「紙媒体のメディアに掲載されたコメントには、あまり信用しない」と、答えた。

「発言を削除したり、付け加えたりすることが簡単だから。ドビツィオーソは、この3年間僕の後ろにいたことが気に入らないのは確かだけど、僕自身も何度かあのような発言したことがあったから、あまり重要視しない。」

ロレンソは、28日からのオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2009, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›