初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、友人たちとのカートバトルをエンジョイ

J.ロレンソ、友人たちとのカートバトルをエンジョイ

最高峰2年目に向け、ロレンソは、トレーニング法を変更。友人たちとカートを楽しみながら、集中力とテクニカルスキルの向上を目指す。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、トレーニングの一環として、カートを取り入れ、友人たちとのバトルを楽しんだ。

最高峰クラス2年目を控え、21歳のスペイン人ライダーは、チーフメカニックのラモン・フォルカダ、個人トレーナーのマルコス・ヒルスチ、スペイン選手権に参戦する友人のリカルド・カルドゥスらと、F1フェラーリチームのテストドライバー、マルク・ジェネが経営するバルセロナ郊外のカートコースで、トレーニングを兼ねて、カートを楽しんだ。

「アイデアは、楽しむこと。集中力とテクニカルスキルの向上。そして、仕事のメンタリティも取り入れること。アクションが多くなれば、集中力も高まるし、難しくなる。サッカー選手は、毎日ボールを使用してトレーニングできるけど、MotoGPライダーは、毎日バイクを使ってトレーニングする機会がないから、関係のある他のスポーツでカバーしなければいけない」と、説明。

「昨年は一連の問題があった。パーソナルマネージャーを替え、トレーニング法も変更した。今は昨年よりもアクティブティだ。ジムでのトレーニングが中心だったけど、今年からダートトラックや、サッカー、タイ式ボクシングを取り入れている。友人たちと一緒にトレーニングするのは、アドレナリンの分泌やエンジョンすることにおいて、理想的だ。」

ロレンソは、28日からのオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2009, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›