初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ポンス、他ライダーと接触負傷

A.ポンス、他ライダーと接触負傷

新人ポンスは、パシーニと接触して転倒した際に、左足首と右腕を負傷した。

ペペ・ワールド・チームのアクセル・ポンスは、オフィシャルテスト1日目に他ライダーと接触転倒を喫した際に、左足首と右腕を強打。午後のセッションをキャンセルした。

250ccクラスを2度制したシト・ポンスの息子アクセルは、125ccクラスとの合同セッション中に、最終コーナーでマティア・パシーニと接触。転倒した際に、左足首を強打しただけでなく、右前腕がフロントタイヤにひかれるアクシデントに見舞われた。

「初日をこのような形で終わってしまったことに腹が立つ。僕にぶつかって来て。。。エストリルで腕を痛めていて、また、激しくぶつかった」と、クリニカ・モービルでの診断を終えた後に振り返った。

診断の結果、骨折はなかったが、ダメージがひどく、明日以降のテスト参加に関しては、回復具合を確認することとなった。

ポンスは、先週のエストリル合同テストで右腕を負傷しただけでなく、昨年参戦したスペイン選手権では、同舞台で足首を骨折していた。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›