初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト:J.ロレンソがトップ&明日タイムセッション実施

オフィシャルテスト:J.ロレンソがトップ&明日タイムセッション実施

開幕戦まで2週間に迫ったMotoGPは、第3戦スペインGPの舞台ヘレスに集結。新シーズン前最後となる2日間のテストを開始。明日のオフィシャルセッション‐BMW・M・アワードをライブビデオで提供する。

MotoGPのオフィシャルテストは28日、第3戦スペインGPの舞台となるヘレス・サーキットでスタート。ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

夜明け前からの雨により、ウェトコンディションの中で、テスト開始時間の10時を迎えたが、スペインらしい日が差し込み、徐々にコースが乾き始めたことから、11時半頃から、本格的なテストが始まった。

昨季のグランプリを制したダニ・ペドロサが不在の中、ポールポジションを獲得したロレンソが、最多の99ラップを走行。1分39秒791の一番時計を刻み、初日のセッションを制した。

2番手には、11月の合同テストを制したバレンティーノ・ロッシが0.070秒差で続き、フィアット・ヤマハがトップ2を独占した。

セパン合同テスト、カタール合同テストを制したケーシー・ストーナーは、最少の49ラップを走行。トップから0.115秒差の3番手に位置。

今年2度の合同テストで好パフォーマンスを見せたクリス・バーミューレン、コーリン・エドワーズ、ロリス・カピロッシが続き、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデン、トニ・エリアスがトップ10入りした。

新チームのマルコ・メランドリは、93ラップを走行して、12番手。

新人の高橋裕紀は、73ラップを走行。トップから1.571秒差の1分41秒362を記録。19人中15番手だったが、11月のベストタイム(1分42秒918)から0.956秒短縮し、順調にRC212V&ブリヂストンに適応していることを証明した。

ペドロサの負傷代役に指名された秋吉耕佑は、69ラップを走行。2.495秒差の18番手だった。

明日のテスト最終日は、10時からスタート。13時30分には恒例の写真撮影が行われ、14時05分からは、オフィシャルセッション‐BMW・M・アワードが開催される。

当サイトでは、『BMW・M・アワード』をライブビデオで提供する。

なお、明日からサマータイムが施行され、スペインと日本の時差はマイナス7時間。BMW・M・アワードは、日本時間の21時05分からの開始となる。

Tags:
MotoGP, 2009

Other updates you may be interested in ›