初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ハヤテ・レーシング、着実な進歩

ハヤテ・レーシング、着実な進歩

メランドリと09年型ニンジャは、昨年レース時のベストタイムをそれぞれ更新。初テストとなったカタール合同テストから進歩したことを披露した。

ハヤテ・レーシングは、オフィシャルテストに参加。マルコ・メランドリが好パフォーマンスを披露し、09年型ニンジャZX‐RRが確実な進歩を遂げたことを証明した。

3月上旬に行われたカタール合同テストに初参加した同チームは、初日のフリー走行1で12番手に位置すると、2日目のフリー走行2では8番手に浮上。雨のフリー走行3では、3番手に入った。

「多くの困難に見舞われたカタールの後、僕にとってはグッドなテストとなった。僕たちは懸命に働き、セッティングを改善するために集中した。真ん中のグルプから離れていないから、状況はすごくいい」と、26歳のイタリア人ライダーを明るい表情を見せた。

「このプレシーズンはタイムロスしてしまい、バイクは全く新しいから、ウェットでもテストをすることは重要だった。」

チームディレクターのアンドレア・ドソーリは、カワサキから新しいパーツが投入され、パフォーマンスが上がったことを説明。

「新しいパーツを持ってきました。有益だったことを証明し、リアの幾つか問題を解決しました。これからファクトリーは、部品を製造し、シーズンを通してエンジンをメンテナンスして行きます。もし、問題が発生すれば、我々をサポートしてくれます。彼らを信頼しています。」

昨年のレース時に記録したベストタイムから1.33秒短縮したメランドリとハヤテ・レーシングは、2週間後に迫った開幕戦カタールGP(決勝レース:4月12日)で公式デビューする。

プレシーズンのリザルト
3月カタール合同テスト‐17位:1分58秒851
3月ヘレス公式テスト‐8位:1分41秒207
3月オフィシャルセッション‐12位:1分40秒405

Tags:
MotoGP, 2009, Marco Melandri, Hayate Racing Team

Other updates you may be interested in ›