初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス:「ストーナーから離されたから喜べない」

T.エリアス:「ストーナーから離されたから喜べない」

ファクトリースペックを走らせるエリアスだが、カタールからトラクション不足に悩まされ、HRCのサポートを訴えた。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのトニ・エリアスは、2日間のオフィシャルイテストを終え、厳しい表情を見せた。

11月のヘレス合同テストでは、昨季中野真矢が使用したRC212Vで4番手に進出すると、2月のセパン合同テストでは、09年型ファクトリースペックをシャイクダウンさせ、5番手に入り、順調な滑り出しと期待感が膨らんだが、「ストーナーから離されたから喜べない。カタールと同じ問題に見舞われてしまった。解決するために懸命に働いたけど、改善はなかった」と、トラクション不足に悩まされていることを説明。

「一番重要なのは、問題を知り、どの方向に進むべきか分かっていることだと思う。コース外の仕事では、カタールに向けて十分な仕事が出来ている。」

「シャーシの仕事を徹底的にしなければいけない。他の解決策も必要だ。ホンダとこのバイクのポテンシャルに大きな信頼感がある。素晴らしいプロトタイプマシンだ。ポテンシャルを最大限に引き出すために、HRCと親密な関係を確立しなければいけない。」

2年ぶりに古巣に復帰したエリアスは、2週間後に開幕戦カタールGP(決勝レース:4月12日)を迎える。

プレシーズンのリザルト
11月ヘレス合同テスト位‐4位:1分40秒448
2月セパン合同テスト‐5位:2分01秒560
3月カタール合同テスト‐11位:1分57秒804
3月ヘレス公式テスト‐12位:1分41秒594
3月オフィシャルセッション‐9位:1分40秒266

Tags:
MotoGP, 2009, Toni Elias, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›