初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀、最高峰クラス挑戦に向けプレシーズン全日程終了

高橋裕紀、最高峰クラス挑戦に向けプレシーズン全日程終了

2005年に世界舞台にデビューした高橋は、最高峰クラスへの挑戦に向けて、プレシーズンの全日程を終了。ヘレスで着実に成長した姿を見せた。

スコット・レーシングの高橋裕紀は、2日間のオフィシャルテストを終え、プレシーズンの全日程を終了。1週間後に、最高峰クラスにデビューする。

250ccクラス最後のレースを表彰台獲得で締め括った高橋は、翌日にアンドレア・ドビツィオーソが使用した08年型RC212Vを初ライド。年内最後のヘレス合同テスト、09年型RC212Vをシェイクダウンさせた2月上旬のセパン合同テスト、開幕戦のシミュレーションとなった3月上旬のカタール合同テストと、MotoGPマシンへの順応に向けて、徹底的に走り込んだ。

4ヶ月ぶりに戻ってきたヘレスでは、フロント周りのセットアップから始まり、リア周りのセットアップに集中。

2日目のタイムセッションでは、11月に記録した1分42秒918から2.104秒短縮する1分40秒814を単独走行でマークした。

「初めて予選方式のシミュレーションをやり、ベストタイムは14番手であまり良くありませんでした。トップ3、4は速かったですが、それ以下は接戦。コンマ2秒上げるだけで、大きくポジションが上がるところにいます。単独でタイムが出せ、その意味でも、MotoGPに慣れてきたと思います」と、BMW・M・アワードを振り返った。

45分間のタイムセッション後、多くのライダーたちはテストを切り上げた中、新人高橋は雨の影響を受けたプレシーズン最後のセッションにも意欲的に周回を重ね、ウェットコンディションにおけるRC212Vのキャラクターを確認。テストを締め括った。

2005年に世界舞台に飛び出した高橋は、1週間後に開幕戦カタールGP(決勝レース:4月12日)で最高峰クラスへの挑戦を開始する。

プレシーズンのリザルト
11月ヘレス合同テスト位‐14位:1分42秒918
2月セパン合同テスト‐15位:2分03秒474
3月カタール合同テスト‐14位:1分58秒412
3月ヘレス公式テスト‐19位:1分42秒564
3月オフィシャルセッション‐14位:1分40秒814

Tags:
MotoGP, 2009, Yuki Takahashi, Scot Racing Team MotoGP

Other updates you may be interested in ›